introduce

「自分誌」 Introduction-1

生きてきた証を、後世に残す。
そのお手伝いを、ライフワークにしたい。

編集者・ライターとして、人を取材して映像や書籍、雑誌にまとめる。私たちは20年以上にわたって、こうした仕事を続けてきました。多くの著名人や大手企業の経営者などへのインタビューは刺激に満ち、やりがいのある仕事です。その一方で、これまで積み重ねてきた経験やスキルを、もっと多くの人のために使えないか。そう思うようになってきました。
社会的に何かを成し遂げてきた人の話は、多くの人に共感や感動を与え、仕事や人生の参考になることが多いのも事実です。だからこそ、彼らの言葉を残すことは意味のあることです。
ただ、社会に与えるインパクトは小さくても、誰しも必死に生きてきた人生があります。私たちはそのことを仕事の合間の雑談で、ある時は居酒屋の片隅で経験してきました。そうした一人一人が持つ物語を、大切な家族やお世話になった人たちに残すことも、同じように意義があることだと思うのです。そのお手伝いをライフワークとして続けていきたい―それが私たちの原点です。

「自分誌」 Introduction-2

誰一人として、平凡な人生などない。

「私は書き残すような特別なことは何もしていない。平凡な人生だった」。多くの方がそう言われます。しかしそれは本人が気づいていないだけで、第三者から見ると、誰一人として平凡な人生を歩んできた人はいません。私たちはそうした誰もが持つドラマを丁寧に取り上げて磨き、多くの人に知ってもらうお手伝いをしていきます。

「自分誌」 Introduction-3

2時間の取材、固定化された誌面で
人生の起伏が描けるのか。

世の中にはすでに「自分史」の制作サービスを低価格で提供している企業が多くあります。16ページから20ページ程度の手軽な自分史を希望される方は、そうしたサービスを利用するのもよいでしょう。
ただ、そのサービス内容を見てみると、取材にかける時間が2時間程度。本文に費やす文字数600文字程度。内容に関わらずレイアウトは固定され変更は不可…。低価格でサービスを提供する努力には敬意を払いながらも、一人の人生を一冊の雑誌としてまとめるのに、果たしてそれでよいのだろうか…。もっと本格的な自分史を志向する人には物足りないのではないか…。そうした疑問から生まれたのが「自分誌」です。