ライティングプロの文章講座とは?

ライティングプロでは、文章に関する講座も行っている。
決まったテキストがあるわけでなく、
個々のニーズやスキルにあわせて内容をつくりあげていく
完全オリジナルの講座だ。

講座というと、授業や指導という堅苦しい雰囲気があるけど、
イメージとしては江戸時代の寺子屋・私塾に近いかもしれない。
良い意味で枠組みにとらわれない、自由な雰囲気になればと思っている。

詳しくは講座概要ページを見てもらうとして、簡単に内容を紹介すると、
高坂さんは文章の基本から企画の立て方、自身のブランディングまで、
幅広い分野について楽しく話をしながら、同時に添削指導も行うという
なんとも欲張りなコースだ。

僕の方では課題添削を軸に据えながら、
気付いたところを、その都度アドバイスしていく。
より、実践的な内容になると思う。

どちらのコースでも大切にしているのは、
「実際に文章を書いてもらうこと」だ。

文章を書くことが苦手、という人の多くが、
実際に手を動かして文章を書くことをしない(できない)。

話を聞くだけで、あるいは文章本を読むだけで、
文章力が上がることは、まずない。
そこで、半ば強制的に文章を書く環境に身を置いてもらおう、
というのが、こうした講座の存在意義でもある。

最初は下手でもいい。文章になっていなくても構わない。
とにかく「書いてみる」。それが上達への一歩なのだ。

これまでの経験をフルに生かして、
文章が苦手、という人を一人でも減らすお手伝いができればと思っている。

言葉を削る

いつだったか、自分のフェイスブックに「あなたがこの1年でよく使った言葉」が表示されたことがあった。

うろ覚えだが、そこには「思う」「自分は」「だろう」などの言葉が並んでいた。それを見て、ああ…そうかもな。と納得した覚えがある。

何かのことを書くとき、文頭に「自分は」と断りを入れ、語尾には「思う」「だろう」などを付ける。そうすることで断定色が薄まる。つまり、自分の意見に対する自信のなさが端的に表れているのだ。こういう文章はたいてい内容に面白みがないし、読んでいてリズムが悪い。

例えば先日の「明日の迎え方」の記事でも、最後の一文は当初、こんなふうになっていた。


だから、その種のストレスはかなり減ったと思う。しかも自分がやりたい仕事が、少しずつできるようになっている(もちろん報酬をもらって)。手前味噌だが、この状態が続くならば、最高の人生だと思う。


「思う」がわずか2行に2カ所もあるのだ。そこで「思う」を外してみる。


だから、その種のストレスはかなり減った。しかも自分がやりたい仕事が、少しずつできるようになっている(もちろん報酬をもらって)。手前味噌だが、この状態が続くならば、最高の人生だ。

歯切れがよくなって、読みやすくなったのが分かってもらえるだろうか。文章は無駄な言葉を削るだけで、グッと読みやすくなる。だから何度も読み直して書き直す「校閲」作業が大切なのだ。地味で根気のいる作業だが、校閲をないがしろにする人はライターとしては不向きだ。

それにしても、前に書いたブログを読み返していると、「思う」「個人的には」という言い回しが結構あるなあ・・まずは自分が「思う」「思った」という言葉を使わないように気を付けていかないと。

へぇー、大阪弁ってそうだったんだ。「浪花千栄子」青山誠

ホーロー看板、オロナイン軟膏のおばちゃん。
僕が浪花千栄子と聞いて一番にイメージするのは
そんなことぐらい。
もちろん後年、溝口健二や小津安二郎の名脇役
として印象深くなったが。
彼女の波瀾万丈の生涯をたどったこの作品は
著者のサクサクとした読みやすい文章もあり、
面白く一気に読める。

両親との折り合いも悪く、なんと9歳から奉公に
出された(大正5年だが、その当時でもあり得ない)、
少女が大女優になるまでの物語だから、
面白いに決まってる。

でも僕が一番だったのは、大阪弁の話。
地域によって、単語やイントネーションの
違いがあり(まぁ、これはどこもそうだが)、
同じ大阪中心部でも、歓楽街である
道頓堀界隈の言葉は「島之内」言葉と呼ばれ、
柔らかな響きがある。

現在大阪弁と言われてるものは、河内弁などに
近く、近年まで「大阪」とは呼ばれなかった場所。
かつては「異国の言葉」だったらしい。
それが「大阪弁」の代表みたいになったのは、
漫才の影響。
吉本が漫才を世に流行らせた頃、所属芸人は
河内などを始めとする、大阪南部の出身者が
多かったからだ。

「浪花千栄子の話す大阪弁こそが、上品で理想的な
本物の大阪弁だ」と褒める知識人が有名人が増え、
それが彼女の人気につながったし、
名監督が使う理由もそこにあったらしい。

確かに言葉ひとつでその人のイメージって
変わるもんね。
使い方次第で、言葉はナイフになるし、毛布にもなる。
反省。気を付けます。