頁をめくる手が止まらない 「メディアの闇 安部官邸VSNHK 森友取材全真相」 相澤冬樹

こんなに興奮して読んだ
ノンフィクションは、久しぶり。
帯のコピーにこの本の面白さは要約されている。

エース記者はなぜNHKをやめたのか。
官邸からの圧力、歪められる報道
スクープの裏側を「忖度なし」に書き尽くす
なぜ放送されないんだ  加筆大幅

森友事件を追いかけ、スクープを連発していた著者が突然異動を命じられ、
相澤さんは記者として生きるために退職。
現在大阪日日新聞で今でも森友事件を追いかけている。
どんなことがあってもブレない記者魂に胸が熱くなる。

しかもこの手の作品には珍しく硬派だけではなく、
ユーモアにも溢れているので読みやすく、
わくわくさせてくれる。
なにしろ自分のことを真性右翼記者と称するぐらいだから、
面白い。

紹介したい箇所は山ほどあるが、
僕が一番感動したのは、NHKを辞め、
大阪日日新聞に記者として入社したいという著者に対して、
日日の吉岡オーナー(90歳)が答えた言葉だ。

「こういう形で言論を封殺する不条理をわしは許せない。
有為な人材をこんなことで埋もれさせてはならない。
うちの会社はどこにもしがらみがないし、どこにも遠慮はない。
相澤さん、あんたには自由に取材して真実をどしどし書いてもらいたい。
あんたはうちで面倒みる」

かっこいい。
おもわず声が出た。
ジャーナリズムはこうでなくっちゃね。

著者は言う。
森友事件とは、実は森友学園の事件ではない。
口と大阪府の事件だ。
責任があるのは、国と大阪府なのだ。
この謎を解明しないことには森本事件は
終わったことにならない。

ほんとにそうだよね。
事実は小説より奇なり、という古い文句を言いたくなるほど
スリリングで読んでいて熱くなってくる興奮の一冊。
名作です。

ライフワーク

 「ライフワーク」という言葉がある。辞書を引くと「一生かけてする仕事や研究。一生の事業。その人の代表作」(旺文社国語辞典第八版)とある。

 「私のライフワークは〇〇です」と言える人は、勝手な推測だが、充実した人生が送れているように思う。だから、自分でもライフワークと言えるものを持ちたいと思ってきた。

 僕のライフワークは二つある。一つは福岡県の高校野球史をまとめて、出版すること。往年の選手たちにもインタビューをしていきたいと思っているため、気の遠くなるような作業になるだろうが、これは必ず成し遂げるつもりだ。

 そしてもう一つが「いろんな人が歩んできた人生を、その人に代わってまとめる」という仕事。それを今回、「自分誌」というサービス名でスタートさせた。

 政治家や創業社長、プロスポーツ選手など、何か大きな事を成し遂げた人の人生は、多くの人に貴重な教訓や生きる勇気を与えてくれる。しかし、市井につつがなく暮らす人にも、それぞれの人生がある。世間的には無名であっても、その生き方に共感することも多い。
 そして何より、自分も50歳を前にして親や祖父母がどう生きてきたかを知ることは、とても大切なことだと思うようになってきた。祖母が亡くなった時に感じた「もっと昔の話を聞いておくべきだった」という後悔は、今も胸に残る。
 ただ、直接話を聞く、話をするのは面映ゆいという人も多いだろう。そこで、我々が間に入って両者をとりもつのだ。きっと、多くの人に必要とされるサービスになると、確信している。

 ノンフィクション作家・澤地久枝は、その著書『ぬくもりのある旅』で、こう述べている。「…歴史に人間を書きのこす仕事は、もっと身近なところで、そして急いではじめられるべきことであるとわたしは思う」。1978年に書かれたものだが、「我が意を得たり」と膝を叩いた僕は、迷うことなくこの仕事を進めていきたいと考えている。

 まずは福岡、九州でスタートさせる。1年に10人書いたとしても、30年で300人…。急がないといけない。

肩書

 あなたの職業は何ですか、と聞かれたら一応は「ライター」と答える。

 だが、仕事によっては文章を書くだけでなく、誌面全体の方向性を決めることもあるから、その時は「編集者(エディター)」と名乗るべきだし、制作物全体の進行管理役である「ディレクター」としてチームに入ることもある。著書も一冊上梓しているから(売れている、いないは別にして)作家と言えなくもない。

 プロフィールを提出しなければならない時は、「編集者・ライター」と書いているが、やっている仕事の幅が広がるにつれ、しっくりこなくなってきた。

 今の自分の仕事を厳密に紹介せよと言うならば、文章を書くことを中心にした「エディトリアルディレクター」といったところだろう。
 このうち、報酬の高い仕事は、ディレクター(自分調べ)だ。編集全般を見ることのできるセンスも問われるうえ、クライアントとのやりとり、カメラマンの手配など、いろいろ面倒な調整もしないといけないから当然と言えば当然だろう。そして、仕事に対する単価が低いのはライターだ。

 でも困ったことに、自分がやりたいのはライターだ。できることなら、文章を書くことを専業とする職人として人生を全うしたい。そして、関心のあるジャンルはノンフィクション。世の中のいろんな人や事象、課題に向き合い、その事実を克明に綴っていきたい。だから、名乗りたい肩書は「ノンフィクションライター」ということになる。

 ノンフィクション作品といえるものは、一つは書き上げた。しかし、「ノンフィクションライター」をメーンの肩書として名乗るには、せめて、もうひと作品は書かないといけないだろう。
 その実現に向けて準備を始めたところである。